水道水はそのまま飲むと危険なの?

水道水はそのまま飲むと危険なの?

水道水を何の加工もせずにそのまま飲む人の割合は3割程度というデータが出ています。

 

それはつまり、日本の水道水は安全といわれているものの、
大半の人は不安を感じているということです。

 

実際、水道水には0・1%の割合で塩素を入れなければいけないという法律があり、
必ず含まれています。

 

浄水場から近い家になればなるほど塩素濃度は高くなります。

 

塩素は細菌を殺すためのものですので
人体に入って何の害もないというものではありません。

 

特に小さな子供やお年寄りのような体の弱い人ほど気を付けて避けておきたい物質です。

 

また塩素以外にも、

 

浄水場で処理する際にアルミを含む化学物質を濁りやゴミを沈殿して取り除くために添加する工程があります。
アルミ物質も水と一緒に飲んでいることになります。

 

アルミは毎日取り続けると脳の病気や腎臓障害の原因にもなりかねない、できれば避けたい物質です。

 

何より怖いのは汚水に塩素を加えて浄水処理する際に化学反応によって発生するトリハロメタンです。

 

有名なので聞いたことはあるでしょう。

 

トリハロメタンは発がん性が非常に高いのでとても怖い物質です。

 

もっと細かいところに目を向ければ水道管による影響も怖いですね。

 

地域によっては鉛やアスベストを使った水道管がまだ残っている場所もまだあります。

 

そのような水道管を通って運ばれる水には鉛やアスベストが微量であっても含まれている可能性があります。

 

現在の主流の塩ビ管であっても危険性は同じで
塩ビに含まれる環境ホルモンによる影響が考えられます。

 

このようなリスクを何も考えずにそのまま水道水を飲むことは危険だと思います。